2007年03月13日

Under Construction

しばらくお待ちください。
Tarma7.jpg
posted by Unholy at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

バルボアとパナマ

そんなこんなでパナマ生活スタートです。

まずは自転車事情。
市街で自転車は皆無。とはいえアドミのD君に「ちょっと良いチャリに乗りたいんだよねー」と言ってみた所、「CannondaleとかGiantみたいな?」という返答だったので、売ってはいる様だ。郊外に行けば乗れる場所もあるとか。

こちらのビール「バルボア」。
DSC_0016.JPG
バルボアというとロッキー・バルボアしか思い浮かばないが、
太平洋を"発見"したVasco Núñez de Balboaのことだそうで、パナマ通貨もバルボアと言われている(紙幣は米ドルだけど)。

これで5ドルくらい。
つい半ダース買ってしまう自分が好きです。
posted by Unholy at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

パナマ人はズレータを知らない

※ズレータ・・・Julio Zuleta。パナマ出身の野球選手。ホークス→ロッテ。

それはそうと、パナマと言えばパナマ運河ということで、行って来ました。

Canal1.JPG Canal2.JPG Canal3.JPG

確かに水位が違う。

残念ながら船が丁度きていなかったため、閘門が開くショットを
撮れなかった。まあいつかチャンスがあるでしょう。
当分はここで暮らすわけなので・・




posted by Unholy at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

パナマ国旗とタミヤのマークは似ている

 PanamaFlag.bmp  Tamiya.gif
と思ったけどたいして似てないですな。

※タミヤ・・・プラモのメーカー。

City1.JPG

Amadorと呼ばれるアリーナから眺めるパナマシティ。
こうして見ると結構な都会に見えるけれども、
とにかく蒸し暑くて渋滞のひどい街です。

面積的には小さな街なのに、どこに行くのにも車を使うので
移動時間は実際には徒歩と変わらない。
みんなが自転車に乗ればいいのに。


posted by Unholy at 07:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

Catch the Wave

外食続きで食生活がどうも偏り気味なので、野菜ジュースを探して飲んでみた。
DSC_0018.JPG
飲むなりブホッときたこの缶は、よく見ると「Con Alemeja」と書いてある。
調べてみると「アサリ入り」という意味らしい。
探したらノーマルなのがありました(塩分多め)。

まあそんなことより、サーフィンをやることになりまして。
DSC_0014.JPG
全然乗れてないんですが。
たっぷり海水飲まされました(塩分多め)。
posted by Unholy at 13:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

お引越し

DSC_0013.JPG

引越しました。
大家さんがえらい美人(ウィノナ・ライダー似・既婚)。
13階。中南米の人々はカトリックが多いけど、この数字はあまり気にしないらしい。

それなりに広いけども、
・シャワーの湯がぬるい
・窓開けると川からほのかなヘドロ臭が
・さっそくコックローチが出た

まあ、パナマですから。


posted by Unholy at 02:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

アラビアータ生活

自炊を始めました。
arrabbiata1.JPG
パナマではイタリア料理がうまい。
どこでも$10以下でサイゼリアよりはうまいパスタが喰えます。
なので、スーパーにもそれ系の品揃えはよい。
とりあえずアラビアータくらいならすぐ作れるか、と思い必要なものを購入。
以降四日四晩同じものを食べてます。
アンチョビかな〜と思って買った写真左の怪しげな缶は、なんかツナみたいなのでした。
うまかったけど。スーパー行くにも電子辞書が必要ですな。

では「パナマ料理」というものはあるのか、と。
アドミのD君(アフリカ系)にいったところ、パナメニアン・レストランにつれってってくれました。

D「セニョール、これがパナマ名物のアロス・コン・ポーヨだ」
Arros de Pollo.JPG
チキンライス?

お味のほうは「うまい・・のか?」という感じ。
グリーンピースのかわりにブラジル料理でよく使われるようなヒヨコ豆がたくさん入ってます。奥にあるのはバナナをシナモンで甘く煮たもの。

太平洋戦争中にアメリカ領地だったパナマでは日本人が強制退去させれられたため、他のラテン諸国のように日系人が多くないとか。よって日本料理の店や食材は極端に少ないそうです。
posted by Unholy at 13:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

港町ブルース

今のアパルトメントに来る前のロングステイホテルでは、毎夜
路駐の車の防犯ブザーがひっきりなしにピヨピヨ鳴り、そりゃあうるさいものでした。
これは本当に車上荒らしや車の盗難が激しいのではなくて(それもあるとは思うけど)、
路肩にびっしり駐車されているので歩行者が道路を横断する際に
触れてしまうことがあるからだ、ということみたいです。

dawn1.JPG
そんだけ車が多いということで。
日本車とヒュンダイが多く、金持ちはベンツに乗ってます。
今の部屋は海が近いので、夜は船の汽笛が聞こえてくる。
慣れればこれも風情かなと。

右目にバイ菌が入り、目蓋が腫れて殴られたみたいになりました。
手はこまめに洗うこと!
posted by Unholy at 07:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

蟻との戦い

台所に蟻がわきやがりまして。
シリアルを空けたままにしたせいだ。
困ったときはアドミのD君。

俺「ヘイ 蟻が出て困ってる 何かants killerみたいなものはないか」
D「セニョール まんまその名前のものがある。持ってきてやる」
ant killerr.JPG

コンセプトとしてはコンバットみたいなもので、持ち帰らせて巣ごと一網打尽にするとのこと。
それから1週間。奴らを見ることもなくなりました。さすがだぜD。

hibiscus.JPG
アンチョビを入手したので娼婦風パスタ(プッタネスカ)とやらに挑戦しょうとしたら、
「ケッパー」なる食材が必要とのこと。ケッパー?ご存知の方教えてください。
オレガノとバジルの違いもよくわかりません。

東京から健康診断の結果が届きまして(送付有難うございます)、
「貧血+コレステロール低め」とのこと。

スペックだけ見るととても貧相な生活をしてそうだが・・ 否定できない。

posted by Unholy at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

巴米FTA調印

最近のニュースから。

FTA1.JPG

・パナマ-アメリカが自由貿易協定に調印。
 一次産業従事者や中流階級からの反対の声の中で、とのこと。

・検察官が押収した銃器をコロンビアの反政府ゲリラへ横流し
・6歳の子供 サソリに刺され死亡
・離婚率が2年前の2倍へ           などなど。



とはいえ平和かつ単調な毎日です。
Cops1.JPG

市内をパトロールする警官はMTBに乗っている。
全然威圧感がない。
半ズボンだし。

posted by Unholy at 04:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

百年の孤独

幻の麦焼酎ではなくて中南米文学の話です。

ある日バーガーキングにて。
ボスのセニョールF(コロンビア出身・メスティーソ(白人+インディオ)。ホドリゴ・ノゲイラにちょい似)とランチ中。
Solitude1.jpg


ホドリゴ「パナマ生活はどうだい」
俺「百年の孤独って本を読んでるんだけど・・」
ホドリゴ「それはそれは。私ぁ1983年に読んだよ。
面白いだろ?」
俺「非常に。ただ難しいすね」
ホドリコ「わかるよ、名前だろ?」

この作品、1830-1920年頃のコロンビアを舞台にしたブエンディア家の歴史を描いたものなのだが、登場人物の名前が死ぬほどややこしい。
ホセ・アルカディオの息子がホセ・アルカディオとアウレリャノでそのまた息子がアルカディオとアウレリャノ・ホセで、その息子がホセ・アルカディオ・・という具合。しんどかった。「罪と罰」とは違う種の登場人物が覚えられない、という辛さ。

コロンビアの作家ガルシア・マルケスの代表作で、1967年に発表されるや、世界中で人気を博し600万部を売った。'82年にはノーベル文学賞を受賞。その後メキシコへ移住、カストロと親交あり。最近は朝日新聞の紙面上で大江健三郎と文通をしている。

同国人としての誇りなのか、ホドリゴはこれはスペイン語で書かれた文学作品としては「ドン・キホーテ」に次するものだ、という持ち上げよう。スペイン語ならではの言葉遣いの妙がふんだんにあるそうで、翻訳ではその魅力は伝わりにくいだろう、とも。

ラストではブエンディアの最後の末裔の死体がに運ばれてゆき、始祖ホセ・アルカディオ・ブエンディアの建てた街もまた滅ぶという悲惨な終わり方をするのだが、これは中南米の史実に基づく暗喩なのかと聞こうとしたけれど、昼の話題には重すぎたのでやめました。
Mサイズのチーズバーガーも自分の腹には重すぎました。
posted by Unholy at 03:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

健康診断

パナマの医療費はタダだという。
そんなうまい話が、と聞けばすごく混んでるので中流階級以上は
私立病院に行くのだとか。そういうことね。

就労ビザの取得に健康診断が必要だというので、D君に渡された
病院の住所を見ると、我が家のあるビル。
自分の住んでるビルに病院が入ってることを知りませんでした。
Casino.JPG
↑これは無関係な市街の風景

個人診療所がテナントでたくさん集まっている、という感じ。
受付のおばはんに問診表を渡され、記入して出すと呼ぶまで待て
と言われるがいつまでたっても音沙汰なし。
文句言うとこれ書いてね、と同じ紙を渡される。
俺「同ジ 紙 ワタシ 書イタ(片言の西語で)」
このハポネス(日本人)何言ってるのかしら、という顔で
ここに名前書くのよ・・と説明される。

埒があかないのでドクトルを呼んでもらうと、もういいから
来なさいと言われ、身長・体重を計り、服の上から聴診器を
当てられ血圧をはかっておしまい。
証明書にサインして「40ドルね」。

いい商売だな・・
しかし体重計が秤だったのにはびびった。




posted by Unholy at 13:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

テキサス野郎はメキシコ料理が大好き

自転車レース ツール・ド・フランスが7月7日から始まりました。
ロンドンからスタートし、シャンゼリゼのゴールまで3週間過酷なレースが続く。7月11日現在ブルゴーニュあたり。
西・仏・伊選手が多数の自転車レースだが、今回はコロンビアからも3名が出場。
it'not'bout a bike.jpg
「マイヨ・ジョーヌ」とはでツールで区間優勝をした選手が着ることのできる栄光の黄色いジャージのこと。
この本は7年連続でツール優勝したランス・アームストロングの手記。
癌から復帰し、優勝するまでが書かれており、原題(It's not about the Bike)の通り
自転車ではなくて癌の話です。

アームストロングの登場まで最強と言われたインドゥライン(スペイン)が5回優勝であることを考えると
アームストロングの戦績がいかに偉大かがわかる。
2年前に引退した後は離婚やらドーピング疑惑やらで散々のようですが・・
自転車のクラシックレースのほとんどは欧州で長期間にわたり行われる。
テキサス出身のアームストロングは時に故郷で食べるメキシコ料理が恋しくなると書いている。

職場のラスボス・セニョールKはアームストロングと同じく
テキサス出身(自分の中でのあだ名はスタン・ハンセン)で、
たまに近くの「ラ・メヒカーナ・セグンド(直訳:メキシコ女2号」というメキシカンレストランに連れてってくれる。
日本でのイメージほど辛くないが、なかなかうまいです。

翻って自分は日本料理が恋しい。
手持ちの本も読みつくしてしまった。

本のない部屋は、魂のない肉体のようなものだ。 キケロ




posted by Unholy at 12:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

鍵のかかった部屋

週末は出張者のアテンドを。
パナマ市内の観光は半日もあれば十分です。

夜、2件目に行ったBarではなぜかロシア国旗と「ラスプーチン」
というサインがあちらこちらに。壁には現大統領の写真が。
どんなコンセプトだ。
モヒート(ハバナ生れのカクテル:ラム+ミント+ソーダ水。
ヘミングウェイの好物)を2杯でお開きにして帰宅したんですがね・・

自宅は内側から鍵を差し込んでロックするんですが、
鍵が鍵穴に差し込んだまま折れましてね。バキン、て。
brokenkey1a.JPGbrokenkey2a.JPG
鍵折れましたの図

自宅に閉じ込められた。
なんか― 昔もこんな事があったような。
(社員寮にいた頃、内側からドアノブが外れた)

翌朝起きると洗面所が血まみれ。
どうも酔っ払いながらナイフで折れた鍵を取り出そうとして
指をカットしたらしい。酔ってたから出血もハンパなかった
ようで。

いやー笑った笑った。

(鍵も指も治りました、一応)
posted by Unholy at 12:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

来し方のことなど

50franc.jpg

こちらへ来る前、部屋の荷造りをしていたら、
フランスの50フラン札が出てきたことをふと思い出した。

サン・テグ=ジュペリ(「星の王子さま」の作者)ですね。
これほど美しい(趣味に走った)紙幣を他に知らない。
EU統合で当然今は流通してないんだけども。


(これはネットからのひろいもんです)


また、ヨウスコウカワイルカ(揚子江に生息する河イルカ)が2006年に絶滅したことを知った。
5,6年前揚州行ったときに一瞬見かけたあいつが。
ドードー(17世紀に絶滅:左)とか、ステラーカイギュウ(18世紀に絶滅:右)とか、
今はもうないけども過去確かに存在していたもののことを考えると何かしら敬虔な気持ちになる。
dodo.jpg  stellersseacow.jpg

curry2.JPG
などと考えながらカレーを作りまして
(2時間かかった)。
ダシの素を加えたら日本の味にかなり近くなりました。
こちらの米はタイ米のようなパサパサの長粒なのでカレーにはよく合う。

部屋中にインドの香りが。


posted by Unholy at 12:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

カリブデビュー

自民惨敗だとか。
海外滞在3ヶ月以降でないと在外投票制度は利用できないので、
この週末はカリブ海などへ1泊2日のサーフィン遠征へ行ってきました。
1a.JPG

パナマシティーから車で2時間半、
さらにボートで10分ほど行ったところに
今回の目的地「イスラ・グランデ
(西語で”でっかい島”)」はあります。

船頭の少年。
回漕業と駐車代金が彼らの収入源。



とるものもとらず波間へダイブ。
あとはフォルクスワーゲンさえあれば、わたせせいぞう的な景色が広がるビーチリゾート。
ただし海底には珊瑚があるため、足を切らないようリーフブーツ
(厚底のゴムでできた地下足袋みたいなやつ)が必須です。
17a.JPG
波は太平洋側よりは高いようで・・相変わらずテイクオフできず。
以降、次回!





posted by Unholy at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

アリィ・ポッテル

満月のカリブ。
月を肴に飲むビールは最高でした。
宿泊先は二段ベッドのユースみたいなところで$25/人。
11a.JPG

15a.JPG
髪を切りに行ったところ、3時まで予約があるとのこと
だったので映画でも見て時間をつぶすことにした。

売り子のセニョリータに、英語でやってるのはないか
と稚拙な西語で聞いたところ、
「ごめんなさいね、この時間は吹替え版しか
やってないの。これ見て西語勉強してね」ということで
ハリーポッター(西語発音でアリィポッテル)を鑑賞($6)。

感想:ハーマイオニーかわいい。

posted by Unholy at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

I have never Doped!

気づけばもう8月。
そういえば蝉の声を聞かない。
好景気にゆれる市内では雨後の筍のごとくビルが建てられ、パワーショベルの轟音が昼夜を問わず響いてます。

7/29にシャンゼリゼでゴールした第94回ツール・ド・フランスは非常にお粗末な結果となった。
総合優勝を確実にしていた現役屈指のクライマー、ラスムッセン(デンマーク)がゴール4日前に
ドーピング問題により解雇され、2位につけていたディスカバリーチャンネルチームのコンタドール
(スペイン)が優勝するも、レース終了後コンタドールにもドーピングの疑惑がもたれている。
ランス・アームストロングも今だにドーピング問題で追いかけられているらしいが、なんとも夢のない話で。
(標題はアームストロングがラリーキング・ライブ(CNNの人気インタビュー番組)で言った言葉)
6b.JPG

フランスの話のついでに。
テグジュペリの50フランが発行されたのがたしか1994年で、2001年にユーロに替えられた。
日本なら宮沢賢治を5000円札にするようなもので(二人はほぼ同世代)、
どんなに人気があってもたかだか死後50年そこそこの一童話作家(どちらも本業ではない)
を国の紙幣にのせるというのは、どうせ何年か後にはなくなるんだし好きにやったろ
という気持ちがあったのでは、と。そう想像すると楽しい。



posted by Unholy at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

船で太平洋横断にかかる日数について

ジュール・ヴェルヌの「八十日間世界一周」で横浜-サンフランシスコ間を蒸気船で
渡るのにかかった日数→22日間。

東京から船便で発送した荷物がパナマの部屋に着くまでにかかった日数→79日間。

何のせいなのか敢えて問わない。
とかくこちらの時間の流れはゆったりなので。
belongings.JPG

終戦記念日ですね。
8/15はパナマ・シティ設立記念日でもある(ちなみに運河の開通記念日でもある)。
官公庁・学校はお休みとのこと。
自分の仕事には何ら影響はないものの、いつも頼んでいる仕出しのランチが休みだった。
Lunch.JPG
いつも頼んでいるランチ↑
まあ見たまんまの味。
今日替りに食べた中華のデリバリーのがよっぽど旨かったりする。

自炊器具も届いたので本腰を入れて自炊を始めようと思います。
posted by Unholy at 13:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

バカシオネス

来週から夏休みでハワイ行ってきます。
ブログも更新できればしますんで。

Multiplaza.JPG
シティに3つあるショッピングモール。これは一番立派な「ムルチプラサ」。
モールごとに住み分けがなんとなくできているようで、郊外にある「アルブルックモール」は
アフリカ系の家族連れで非常に混んでいる。
白人系の多い「ムルチプラサ」はテナントも高級めで、こないだルイヴィトンができた。

友人の紹介ですが、アメリカのアニメ「The Simpsons」のサイトで自分の写真をアニメ化できます。
your_image2.png your_image.png
お試しあれ→ http://simpsonizeme.com
posted by Unholy at 03:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。