2011年10月23日

新たなる香辛料を求めて

Spice.JPG
上から時計回りに
クローブ、クミン、マスタードシード、コリアンダーパウダー、
カイエンペッパー、ターメリック(ウコン)、カルダモン
中心は
ガラン・マサラ(左)、チャット・マサラ(右)

日本人として、カレーに平均的な愛情があります。
せっかくカレーの国にいるのだしスパイスからカレーを作りたいと思ったが、
どう調理してもスパイシーになるばかりで味に深みが出ない。

日本の「カレーライス」と本場の「カレー」の違いは、(「美味しんぼ」によれば)
カレー粉やルウを使うかどうからしいが、ルウにしても結局は上の香辛料が原材料
な訳で、調合の比率や+αがあるかだと思う。
(ルウにはダシがかなり入っているのでコクが出るのだと思う)

こっちのカレーについてはクミンの度合が多いことは間違いない。
ヨーグルトも使うが味がまろやかになるだけ。ダシをどうとるのかが謎です。
posted by Unholy at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231789625

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。