2012年01月02日

Over the Rainbow

KM38.JPG
見たのだ、虹のアーチが空に立ったのを!釜石にて。

パキスタンの仕事は終了し、東京で障害者支援の仕事をしています。
このブログも当初の目的は果たしたものの、なんとなく着地点を見つけないまま
低空飛行していくつもりです。どうぞお見限りのなきよう。目標2,3回更新/月です。
ブログの題変えなきゃ。考え中です・・

「地の上に雲が起きるとき虹が雲の中に現れる
わたしはあなたがた及び全て肉なる生き物との契約を思い出すから、
大水は全ての肉なるものを滅ぼす洪水とはならない」
創世記第9章 ノアの箱舟
posted by Unholy at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

津波てんでんこ

KM64.JPG
花巻と釜石を結ぶ釜石線は、銀河鉄道の夜のモデルになった岩手軽便鉄道が前身で、
作品では終盤、南十字星の石炭袋(ブラックホール)でジョバンニとカンパネルラは
別れることになる。
各駅にはエスペラント語の別名がつけられていました。
(ラ・スーダ・クルーツォ、エスペラント語で南十字。)

多くの津波に見舞われてきた三陸に伝わる津波が来たらてんでばらばらに逃げよ、
人にかまわずまず自分の身の安全を確保すること。それが被害者を最低限に抑える
最良の方法であるというかなしい教訓を「津波てんでんこ」というのだそうです。
年末年始にテレビで観た様々な震災のドキュメンタリーでは、必ずしも人々がそうは
行動しなかったようで、思うにそれはミドリムシの走性のようなものでは、と。
posted by Unholy at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

団圓

s6.JPG
中国・蘇州の中心地・観前街にて。
昔留学していたこの街に去年から友人が駐勤しているため、行ってきました。
ほとんどの女性がムートンブーツを穿いていた。

来週から中華圏は春節(旧正月)。人がこぞって故郷に帰る。
10年経って街はとんでもなく発展したが、汽車の切符を買うのには、未だに長蛇の列。
posted by Unholy at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。