2011年08月28日

宗教的経験の諸相

Curry shop.JPG
ラマダンも残すところあと3日。
周りからやつれた、と言われるこの頃です。
あまり真面目なラマダニストであったとは言えないが、つまるところ飲み食いよりも
朝3時起きが辛かった。4時までに朝食を終えなければならないため、警備のポリスメンに
毎朝ナン2枚とチャイを持ってきてもらう様お願いしたので、寝過ごす訳にもいかない。

断食月の最終週にもなると彼らの宗教的情操も最高潮に達する。
あるスタッフが「イティカーフ」と呼ばれるモスクごもりのため有休を申請してきたが
(その時はイティカーフが何たるか知らなかったので)言下に却下してしまい、後に少し反省。
何百人もの信徒がモスクに1週間座り込んで祈ったりコーランを読んだりするそうです。

この時間(夜10時半)にも普段はありえない大音量の説教が近くのモスクのスピーカーから
流れてくる。かれこれ1時間は喋り続けているが語調はますますヒステリックになるばかり。
静かにしてくれんかな。
posted by Unholy at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。